rfriendsでラジオ録音

ラジコ、らじるらじる、タイムフリーのラジオ番組を録音

最新の状況 (2020/06/25)


f:id:rfriends:20170512091958j:plain  rfriends (Windows, Linux, Raspberry Pi OS,OSX対応)
  安定版 : 2.7.0a    「 ダウンロード
  開発版 : 2.7.1-alfa6 (オンラインアップデートのみ)
 ラジコ、タイムフリー、らじるらじる、聞き逃し、ゴガク対応録音サーバ。メール送信、GoogleDrive、オンラインアップデート,再生機能追加。


(1) 今後、リリース情報、バグ報告、Q&A等はtwitterに徐々に移行します。
  ツイッターのフォローをしていただければ幸いです。
  https://twitter.com/rfriends2017
(2) ブログでは詳細な変更内容、使い方等、通知以外のものを中心に発信します。
(3) ラジオ録音サーバには簡単、低価格,低消費電力,24H稼働のRaspberryPi ZeroWをお勧めします。提供イメージをmicroSDに書くだけ。

Raspberry Piにbluetoothキーボードを接続する

 前提として、sshによる接続が完了していること。
以下、sshでの操作

1)bluetoothctlを起動
sudo bluetoothctl
Agent registered
[bluetooth]#

2)bluetoothをスキャン
キーボードをペアリング状態にしてから

[bluetooth]# scan on
Discovery started
[NEW] Device xx:xx:xx:xx:xx:xx キーボードの商品名

3)ペアリング

[bluetooth]# connect xx:xx:xx:xx:xx:xx
Attempting to connect to xx:xx:xx:xx:xx:xx
Connection successful

4)信頼設定

[bluetooth]# trust xx:xx:xx:xx:xx:xx
Changing xx:xx:xx:xx:xx:xx trust succeeded

再起動しても自動で接続されるようになる

コンソールでも日本語を表示

 Raspberry Pi 用のrfriendsはRaspberry Pi OS (32-bit) Liteを使用しています。また、ヘッドレスでSSHで操作することを前提としているため、Raspberry PiLCD等を接続してコンソール表示をさせると日本語が文字化けします。コンソールでも日本語を表示させたい場合は以下のことを行ってください。

 

sudo apt install fbterm fonts-ipafont
sudo chmod u+s /usr/bin/fbterm
sudo reboot

 

あとはログイン毎にfbtermを起動させるだけです。
面倒な方は.bashrcに追加してください。

RaspberryPi ZeroとUSBケーブルでssh

  RaspberryPi ZeroにはUSB-OTGという機能があってUSBでつなぐだけでsshが可能になります。

https://caron.ws/diy-cartes-microcontroleurs/raspberrypi/pi-zero-otg-ethernet/
詳細は上記サイトを参照してください。フランス語ですがGoogle翻訳すれば写真もあるのでなんとなく理解できます。


1.Raspiosの書き込み

microSDにRaspiosを書き込みます。
方法はネットで検索してください。


2.設定

ここではWindows10を例にします。
microSDをリーダにセットしパソコンに接続します。
bootというフォルダが認識されますので、そこに以下の3つのことを行ってください。

1)config.txtの最後に
dtoverlay=dwc2
を追加する。

2)cmdline.txtのrootwaitの後に
modules-load=dwc2,g_ether
を追加する。改行はしない。

3)sshという空のファイルを作る。

 

3.PCにBonjourをインストール

1)iTunesをインストール
https://www.apple.com/jp/itunes/
又は
2)Bonjourをインストール
https://support.apple.com/kb/DL999?locale=ja_JP

 

4.RaspberryPi ZeroとPCを接続

RaspberryPi ZeroとPCをmicroUSBケーブルで接続する。

緑のLEDが点滅をやめるまでしばらく待つ。

 

5.OTGドライバのインストール

PCのデバイスマネージャを見ると、シリアルポートとして認識されているので、ドライバの更新で以下のドライバをインストールする。

OTGドライバ
https://caron.ws/wp-content/uploads/telechargement/RPI%20Driver%20OTG.zip

 

6.ssh

teraterm等でsshアクセス

ssh pi@raspberrypi.local

rfriendsのイメージの方は
ssh pi@rfriends2.local


7.その他

この後にwifiのセットアップ等をやると確実ですね。


以上

 

rfriends2 2.7.1-alfa1をリリースしました。

 毎回の話ですが、開発版のためバグがある可能性大です。
メインのマシンでは実行しないでください。

  なお、[8-1-3]パラメータの初期化をしないと新機能が分かりにくいと思います。

バックアップを取って設定のやり直しになりますが。ベストは新規インストールです。


 さて、今回の機能アップおよび修正点です。

 

1.エリアフリー(プレミアム)関連


・サブエリアに個別キーワード機能追加
 [7-7]エリアフリーで編集できます。

 こんな感じ

# 長野県
:premium_common_JP20
有吉弘行
:premium_radiko_JP20
:premium_timefree_JP20

 

・エリア選択の簡素化
 メインメニューで、p[ret]

・プレミアムに入会して全国の放送を自動で録音がずいぶん改善
 エリアフリー時の挙動がおかしなところを修正しました。

 

2.転送機能(タイプ2のみ)


・「CH別番組別」に「番組別」を追加
 [8-1-2]パラメータの設定

 rftrans = 2
 rftrans_s = 1

・ストレージ制御に転送先を追加
storage_control_exec_tr = "stop" ; start:開始 test:テスト stop:停止
; 設定単位に注意してください。(GB,MB)
storage_control_disk_tr = 10GB ; 保存容量
storage_control_count_tr = 10 ; 最大削除数

・ディスク使用量に転送先を追加
 [1-2]DISK使用量

 

3.その他


・メール送信設定を別ファイル化
 [8-5]メール設定
 旧設定がある場合はそれを優先
 できれば、旧設定は削除して別ファイルに移行して下さい

・NGフラグを無視(NG=1を無視)

・キーワード検索修正(全角半角で不具合がありました)

・デイリー処理数(1->2)
 [8-1-2]パラメータの設定
 sch_daily = "05:10:00" ; デイリー処理の開始時間
 sch_daily2 = "07:10:00" ; デイリー処理の開始時間2
 5時と7時などに設定可、linuxユーザは自分で編集したほうがいいと思います。

・パラメータチェック追加
 [8-1-4]でパラメータ(rfriends.ini)が標準設定とどこが違っているかが確認できます。

・バグ修正
 見えない部分でかなり修正しています。
 ということでよくなっているはずですが、
 バグの可能性も増えています。

 

以上です
バグ報告を待っています。

 

rfriends2 2.7.0 をリリースしました。

開発版2.6.7-a4と機能的な変更はありません。

2.6.6からの主な変更点は以下のとおりです。

 

・メール機能追加
・録音終了時のユーザ処理追加
・logの保存期間設定の追加
・ゴガク新方式対応。旧方式も残してあるが、将来削除予定
・アルバム名のタグを変更
・その他

 

動作報告、バグ報告お待ちしております。

できれば、twitterでお願いします。

 

以上

ubuntuでrfriendsを一発インストールする (1.20)

・注意事項

すでにrfriendsをインストールしてある環境で実行すると、前のrfriends環境はすべて削除されます。ご注意ください。

インストール時に既存環境に上書きもできるようにしました。

 

・インストール方法は以下のとおりです。

cd ~/
rm ./all_rfriends2_ubuntu.sh
wget http://rfriends.shop/files/all_rfriends2_ubuntu.sh
sh ./all_rfriends2_ubuntu.sh


簡単でしょ。

これは、バージョン18.04, 19.10, 20.04 で有効です。

また、amd64, i686, arm64, armhf, armel に対応しました。

 

・実行

cd ~/rfriends2

sh rfriends2.sh

 

・おまけ

19.10からmp4v2-utilsがapt でインストールできないので、debを拾ってます。

リポジトリのやり方があれば教えてください。

ConoHa VPSにrfriendsをInstallしてみた。(3)

ConoHa VPSにrfriendsをInstallしてみた。(1)
https://rfriends.hatenablog.com/entry/2020/05/19/121533
ConoHa VPSにrfriendsをInstallしてみた。(2)
https://rfriends.hatenablog.com/entry/2020/05/19/140704


前回までで、rfriendsが実行されるようになりました。
今回は録音したラジオのデータにsambaでアクセスできるようにしてみます。
とりあえずセキュリティは考えずにゲストでアクセスできるようにします。
適宜変更してください。

 

 --------------------------------

 [追記]

とはいえ、レンタルサーバは常に外部と接しているので最低限のセキュリティ対策は必要です。sshのport変更は必須。

ssh :  /etc/ssh/sshd_config

  Port XXXXX

  PermitRootLogin no

 

samba :  /etc/samba/smb.conf

  guest ok = no

 --------------------------------

 

1)sambaのインストール


sudo apt -y install samba

smb.confに以下の5行を最後に追加
sudo nano /etc/samba/smb.conf


[rfriends]
path = /home/user/rfriends2/usr
read only = No
guest ok = Yes
force user = user


sambaを再起動する

sudo service smbd restart
sudo service nmbd restart

 

2)WindowsPCからアクセス


エクスプローラから、
\\(IPアドレス)
でアクセスできます。

 

以上です。