rfriendsでラジオ録音

ラジコ、らじるらじる、タイムフリーのラジオ番組を録音

セットアップ Raspberry Pi3

目次

 

初出:2017/10/05

更新:2017/10/05

 

1.Raspbian をインストール (SSH接続)

 インストールのやり方は、検索すれば山ほどヒットするので、ここではやる項目だけ。

 

・OSイメージのダウンロード

Download Raspbian for Raspberry Pi

 現在のバージョンは Raspbian Stretch Liteでした。

・OSイメージをmicroSDに書き込み

Win32 Disk Imager download | SourceForge.net

Win32 Disk Imager を使用しました。

SSHを有効にする

microSD のbootパーティションに ”ssh” という名前のファイルを作成。

 

2.Raspbian を起動

Raspberry Pi

microSDをセット

・LANケーブルを接続

・電源アダプタを接続

すると、OSが起動します。

 

3.SSH接続

IPアドレスを調べる

DHCPサーバの払い出し状況からMACアドレスの先頭がb8:27:ebのものを探しました。

・PCよりteraterm を使用してSSH接続

ttermpro.exe IPアドレス /auth=password /user=pi /passwd=raspberry

 

amazonから荷物が届いてから、SSHでのアクセス成功まで1時間くらいです。素晴らしい。

 

4.各種設定

sudo raspi-config を使用して各種設定をする。

タイムゾーンAsia/Tokyo)

・キーボードの種類

 

その他、お好みで。

 

5.アップデート

ソフトウエアを最新にする。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade

 

6.NTPの設定

NTPが有効になっているかどうかを確認します。

 timedatectl status

Network time on が yes になっていれば有効、そうでない場合は

 sudo timedatectl set-ntp true

で有効にします。

 

次にNTPサーバの設定をします。

 sudo vi /etc/systemd/timesyncd.conf

 

[Time]
NTP=ntp.jst.mfeed.ad.jp ntp.nict.jp
FallbackNTP=time.google.com

 

NTPサーバを再起動します。

 sudo systemctl restart systemd-timesyncd

 

7.swapの無効化

swapが有効になっているかどうかを確認します。
 free
swapを無効化。
 sudo swapoff --all
 再起動すると復活するので、swapが自動起動しないようにパッケージを削除。
 sudo apt-get remove dphys-swapfile
 

7.不用デーモンの無効化

sysv-rc-confをインストール
 apt-get install sysv-rc-conf
使用しないデーモンの停止

 sudo sysv-rc-conf dbus off
 sudo sysv-rc-conf triggerhappy off
 sudo sysv-rc-conf alsa-utils off
 sudo sysv-rc-conf lightdm off
 sudo sysv-rc-conf motd off
 sudo sysv-rc-conf plymouth off
 sudo sysv-rc-conf ntp off

 

8.一時フォルダのRAMディスク化

microSD へのアクセスを減らすために、一時フォルダをRAMディスクに割り当てる。

 sudo vi /etc/fstab

[最後に追加]
# /tmpをRAMディスクにマウント
tmpfs /tmp tmpfs defaults,size=32m,noatime,mode=1777 0 0
tmpfs /var/tmp tmpfs defaults,size=16m,noatime,mode=1777 0 0
# /var/log をRAMディスクにマウント
tmpfs /var/log tmpfs defaults,size=32m,noatime,mode=0755 0 0

 

マウント実行

 sudo mount -a

 

9.rsyslog設定の変更

rsyslogでは必要最小限のログ(auth, syslog, messages)のみを記録させる。

 sudo vi rsyslog.conf

以下の行以外コメントアウト

auth,authpriv.* /var/log/auth.log

*.=info;*.=notice;*.=warn;\
auth,authpriv.none;\
cron,daemon.none;\
mail,news.none -/var/log/messages

*.emerg :omusrmsg:*

 

ログを直接作成するアプリ等で /var/log にディレクトリが必要なものがあるので、rc.local にディレクトリ作成を記述。

 sudo vi rc.local


# ディレクトリを作成
mkdir -p /var/log/ConsoleKit
mkdir -p /var/log/fsck
mkdir -p /var/log/apt
mkdir -p /var/log/ntpstats
chown root.ntp /var/log/ntpstats

# Lastlog, wtmp ,btmp の空ファイルを作成
touch /var/log/lastlog
touch /var/log/wtmp
touch /var/log/btmp
chown root.utmp /var/log/lastlog
chown root.utmp /var/log/wtmp
chown root.utmp /var/log/btmp

 

10.ftpサーバのインストール

rftpサーバとして vsftpd をインストールする。

 sudo apt-get install vsftpd
 sudo sysv-rc-conf vsftpd on

書き込み許可

 sudo vi /etc/vsftpd.conf

write_enable=YES

 

vsftpd リスタート

 sudo /etc/init.d/vsftpd restart

 

PCよりfilezilla等のftpクライアントを使ってアクセスする。PCとのファイルのやり取りは、これを使用する。teratermssh scp でのファイル転送でもいいのですが、録音ファイルの転送を考えるとftpのほうが簡単なので。

 

----------------------------------------------------------------------

11.その他

以上で基本的なセットアップは終了です。あとは個人の好みでカスタマイズしてください。

 1)キーボード設定

/etc/default/keyboard

・英語(インストール時)
# Consult the keyboard(5) manual page.
XKBMODEL="pc105"
XKBLAYOUT="gb"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""

BACKSPACE="guess"

・日本語
# Consult the keyboard(5) manual page.
XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""

BACKSPACE="guess"

 

 2)Wifi 接続

wpa_supplicant.conf を作成(改行はLF)し、bootパーティションにコピーする。

 

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
country=JP
network={
ssid="SSID"
psk="password"
key_mgmt=WPA-PSK
proto=WPA WPA2
pairwise=CCMP TKIP
group=CCMP TKIP WEP104 WEP40
}

 3)有線接続

固定 IP (例)
/etc/dhcpcd.conf

interface eth0
static ip_address=192.168.1.10
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=192.168.1.1

 4)ホスト名の変更

/etc/hostname
/etc/hosts

 5)samba のインストール

sudo apt-get install samba
mkdir /home/pi/smbdir
sudo vi /etc/samba/smb.conf

# 最後に追加
[smbdir]
comment = Raspberry Pi share folder
path = /home/pi/smbdir
read only = no
browsable = yes
guest ok = yes
force user = pi

 

sambaを再起動
sudo service smbd restart
sudo service nmbd restart

windowsエクスプローラから\\raspberrypi でアクセスするとsmbdir フォルダが見える。

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\ネットワークと共有センター\共有の詳細設定

で、ファイルとプリンタの共有をチェックするとエクスプローラのネットワークにRASPBERRYPIが出てくる。

 

以上