rfriendsでラジオ録音

ラジコ、らじるらじる、タイムフリーのラジオ番組を録音

rfriends 1.9.9p リリース

・timefreeのキーワード録音で、地域が東京に固定されていたバグを修正しました。

rfriends 簡易インストール(Windows版)

タイムフリー番組を簡単にダウンロードできればいい人向けの簡易版

 

1)ダウンロードより、rfriends_1.9.9n_20170614_full.zip をダウンロードする。

2)C:\Temp ディレクトリを作成し、そこに先ほどのrfriends_1.9.9n_20170614_full.zipをコピーする。

3)rfriends_1.9.9n_20170614_full.zipを解凍する。
  C:\Temp\rfriends 以下に内容が展開される。

4)エクスプローラで、C:\Temp\rfriends\bat を開く。

 

5)1_path.bat を右クリック、管理者として実行。

6)2_config.bat をダブルクリックして実行。

 

7)C:\Temp\rfriends\rfriends.bat をダブルクリックして実行。

ダウンロードしたファイルは、c:\Temp\rfriends\usr 以下に保存されています。

 

8)ランタイムがないというエラーが出る場合は、以下のモジュールをインストールしてください。

  ・vcruntime140.dllがない場合
  Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ
  https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=52685

  ・msvcr100.dllがない場合
  Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ
  https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5555

f:id:rfriends:20170614144401p:plain

rfriends 1.9.9n リリース

・rfriendディレクトリ直下に、ユーティリティ rfriends.batを新規追加しました。

Linuxに対応しました。Ubuntu 16.04.2(32bits)を推奨します。
 なお、Linux版は現在のところスリープ対応していません。
 24H稼働マシンでご使用ください。

・スリープマシン対応で大幅に書き換えました

・今回は開発版ですので新規インストールをお勧めします。

Windows10でスリープ時間を30分に設定して1週間ほどテストし、以下を確認しました。
・録音時間が来たらスリープから復帰
・最後まで録音
・ほかの録音がなければ、それから約30分でスリープ

キーボードについて

 普通、日本でPCを買うと当然日本語キーボードがついてきます。秋葉原や通販でない限りそれ以外のキーボードを入手することは困難ですし、あったとしても高かったり種類が少なかったりします。

 Windows,OSX,Linuxなんかを平行して使っていると日本語キーボードをUSキーボードと誤認識する、それぞれにキーボードを用意するのが面倒だし場所をとる、等々の問題が発生します。

 

 で、どうするかというと、キーボードをUSキーボードにして、それぞれのマシンのキーボード設定をUSにする。基本的に操作するマシンを一つに決めてマルチディスプレイ構成にし、そこから他のマシンへはリモートデスクトップでアクセスする。こう決めてからはキーボードトラブルはほとんどなくなりました。あるのは漢字変換キーの設定、マウススクロール方向などですが、設定で解決できます。

 

 メインマシンをマックにするなら、アップル純正のUSキーボード以外の選択肢はありません。メインマシンをWindowsにするならLogitechのワイヤレスタイプ(unify)のUSキーボードをなんとか手に入れるといいと思います。

 

 あと、あまりお勧めしませんが、USキーボードのシールを日本語キーボードに貼ってUSキーボードとして使用するということもできます。

xrdp

 VPS等をレンタルして操作する場合、ssh,ftpで行うことが多いのですが、最近はやはりGUIが便利です。VNCでもいいのですが、MicrosoftのRDPのほうが高速なのでそれを使用しています。純正のクライアントがWindows,OSX,Android,iOSに用意されています。LinuxにもRemminaというツールがあるようです。(私は未使用)

 

 VPSUbuntuを入れた場合はxrdpをインストールするだけで、あとはRDPからアクセスすれば回線の速度にもよりますが快適に操作することができます。ただし、ubuntuの場合、14.04では標準でインストールされるxrdpが古いので注意が必要です。16.04では問題ありません。

ConoHa VPS でISOからOSをインストール

ISOを用意すれば、自分の好みのOSがインストールできるVPSは私が知る限り

お名前とConoHaの2つです。どちらもGMOグループですね。

さくらインターネットも工夫すればできますが、標準ではできません。

 

あらかじめ用意されたOSのテンプレートは一見便利ですが、GUIの追加インストールや設定がかえって面倒です。ISOを用意してクリーンインストールしたほうが楽だと私は思います。

 

ConoHaの場合のやり方(メモ)

1)-4)は契約したコントロールパネルに情報が書いてあります。
5)は自分でファイルサーバ等に用意してもいいのですが、直接isoが存在する場所を指定したほうが楽です。
 
テナント情報
1)テナントID   TENANT-ID
APIユーザー
2)ユーザー名   USER 
3)パスワード   PASSWORD
4)リージョン   REGION (tyo1)
5)ISOの場所   ISO

ISOダウンロード
conoha-iso download -u USER -p PASSWORD -t TENANT-ID -r REGION -i "ISO"
ISO一覧
conoha-iso list   -u USER -p PASSWORD -t TENANT-ID -r REGION
ISO挿入
conoha-iso insert -u USER -p PASSWORD -t TENANT-ID -r REGION
 
OSのインストー
 
ISO取り出し
conoha-iso eject  -u USER -p PASSWORD -t TENANT-ID -r REGION

 

rfriends 1.9.9lリリース

Linuxに対応しました。Ubuntu 16.04.2(32bits)を推奨します。なお、Linux版は現在のところスリープ対応していません。24H稼働マシンでご使用ください。

 

スリープマシン対応で大幅に書き換えました
今回は開発版ですが、問題なければ、正式版をリリースします
 
Windows10でスリープ時間を30分に設定して1週間ほどテストし、以下を確認しました。
・録音時間が来たらスリープから復帰
・最後まで録音
・ほかの録音がなければ、それから約30分でスリープ
 
問題点としては、その間で数件録音が失敗していました。別の24時間設定マシンでは失敗はありませんでした。現在調査中です。